鍼灸院くらさろ訪問治療対応の札幌市豊平区中の島整体

訪問治療対応の鍼灸院くらさろ 011-827-6955(受付7-22時)札幌市豊平区中の島の整体


鍼灸院くらさろ 011-827-6955(7:00-22:30)
訪問範囲:札幌市内全域、住所:豊平区中の島1条1丁目7-8マルトビル2階 

よもぎ蒸しを置きたい

鍼灸を含む民間療法には色々と面白い治療法があるんだけど、その中でトップクラスに面白い治療法は「よもぎ蒸し」だと思う✨

全裸になってマントをかぶり、会陰(えいん:大小の排泄物を出す穴の真ん中にあるツボ)をメインによもぎの蒸気を当てるっていうやつね。

 治療効果は「婦人科系疾患」「大量の汗をかくことによるデトックス」の2点。

 

よもぎ蒸しのイラスト

よもぎ蒸しのイラストまであるいらすとやスゲー

何がどう面白いのかって?

まず鍼灸師って滅多に「会陰」というツボを使わないから、治療家自身もそのツボの効果を知る機会が無い💦

まぁそりゃそうだよね。治療に来た人に

会陰に針するのでパンツ脱いでください✨

なんてよっぽどのことが無いと言い出せない(笑)

大抵の症状を治療するなら、へそ下までの治療でどうにかしようと頑張るからさ💦

 でも会陰って体調を整えるツボとしてかなり重要な役割があるんだ。だからこのツボを治療できる方法って最高にイケてるし、効果効能を自分の体で知りたくなるよ✨

男の人や元気な人だってやってみたくなるはず

 男性にとって悲しいのが、効能が婦人科系疾患なもんだからよもぎ蒸しをできるセラピールームは女性専用になっているという点。

だけど、男の人にだって会陰というツボはあるし、やっぱり大事なツボ。絶対に男の人だってやってみたいと思うんだ。

それと、よもぎ蒸しを「本気の治療」というガチガチに固まった考えだと体調不良の無い人には敷居が高いじゃない?

だから、ふざけ半分おもしろ半分で気軽にやれたら最高だなって僕は思うんだ。

よもぎ蒸しの難しいところ

汗だくになった体の処理

もちろんバスタオルを用意して汗を拭くところまでは考えるけど、それでも気になるよね。かといってシャワーは無い。

他店ではどうしてるんだろう?と気になったので調べてみた。 

よもぎ蒸しで出る汗とは:2017年12月18日|よもぎスタジオのブログ|ホットペッパービューティー 

岩盤浴やよもぎ蒸しでかく汗は長時間エクササイズした時と同じ、サラサラした汗で、皮脂腺からの汗になります。
サウナのように表面から温めるのではなく、よもぎ蒸しは身体の奥深く、芯から温めるので皮脂腺から汗がでるのです。

よもぎ蒸しが終わった後出る汗はサラサラなので軽くふき取るだけでOKです。
むしろミストを経皮吸収するため、できれば最低でも2~3時間はシャワーなどもあびないほうが良いとお伝えしています。

 

 ・・・つまり汗は拭かずそのままなのね。

その方が効果出るならそれで良いんだけど、なにせサウナにいるのと同じような状態だからなぁ。結構な量の汗をかいてそのままにしておくのって気にならないかな?

 

まーそんな高いものでもないし、撤去も楽だから2台くらい置いて様子みようかな。

相変わらず色々考えだけは膨らみ続けて、やるべきことがなかなか手につかない💦

困った性格だwww

 

Powered by はてなブログ 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス