鍼灸院くらさろ

四十肩五十肩ぎっくり腰、頭痛や肩こり腰痛のほか不眠症や冷え性対策に札幌市豊平区中の島の鍼灸整体治療します

070-4132-3798(7:00-22:00)
施術料:90分7000円・60分5000円・30分3000円・15分1000円

ダイエット中や糖尿病のお客様に贈るホワイトデープレゼント

バレンタインデーにたっくさんのチョコレートをいただき、2月はチョコ好きとしてハイテンションな日々を過ごさせていただきました。

とろける感じのものからザクザク系、オレンジピールで酸味の入ったものにビターまで色々。

チョコの数だけ女性に慕われてるのを実感する至福のとき✨

さて、3月になりましてホワイトデー。

ところが困ったことにダイエットや糖尿病のお客様には糖質&炭水化物たっぷりな物を贈るわけにはいかず、あれこれ頭を悩ませてました💦

 

一目で照れ隠しと分かるチョコ・ブラックサンダー

一目で照れ隠しと分かるチョコ・ブラックサンダー

カロリーオフのお菓子

真っ先に考えたのはカロリーオフのクッキー。これ良いかなーと思ったんだけど辞めました。その理由は2つ。

  1. もうどうにでもなれ効果(The What The Hell Effect)を防ぎたかった。
  2. 美味しそうな気がしない。

1、もうどうにでもなれ効果

これは継続してる努力に対してちょっとつまづいた程度で投げやりになってしまう効果のこと。

ダイエットを頑張っているのに、僕があげたクッキーをきっかけにお菓子を我慢できなくなったら最悪💦

特に好きなお菓子を罪悪感たっぷりで食べてしまうと挫折から立ち直れずにリバウンドしちゃう。

ちなみに鍼灸院くらさろでお勧めしているダイエット法は「どうしても我慢できないときは満足を超えるまで食べなさい」です。

僕自身ダイエット中にチョコクリームを胸焼けするほど大量に食べました。

そのときの狙いは下記の2点。

  • 大量に食べたら腹をくだすからカロリーはトイレに流れる。
  • 美味しい物を食べるなら幸せいっぱいな気持ちで満足度を高めたほうが良い。

ただ、糖尿病の人には血糖値スパイクの危険性もあるのでお勧めできません。

2、カロリーオフは美味しそうな気がしない

 柳原可奈子さんの「カロリーの無いものにお金を払いたくない」という名言には大賛成。

「カロリー0なのに美味しい」という言葉もあるけど、これってカロリー入っている物ほど美味しくは作れないって意味だと思う。

だから自分の大切な方へ贈るものに対して美味しいと思えないものを贈るって失礼かな?なんて思った。

お茶とコーヒーはいいよね

コーヒーって香り良ければ全て良しみたいなとこあるよね

コーヒーって香り良ければ全て良しみたいなとこあるよね

糖尿病やダイエットにお茶とコーヒーが良いというデータはたくさんあるし、だいたい皆さんどちらかを飲まれてる。

普段から雑談の中でお茶とコーヒーのどちらが好きか聞いていて良かった(笑)

 

 



Powered by はてなブログ