鍼灸院くらさろ未病を癒す訪問治療対応札幌市豊平区整体

訪問治療対応の鍼灸院くらさろ 011-827-6955(受付7-22時)札幌市豊平区中の島の整体


鍼灸院くらさろ 011-827-6955(7:00-22:30)
訪問範囲:札幌市内全域、住所:豊平区中の島1条1丁目7-8マルトビル2階 

体の緊張をゆるめて未病を癒す2つのテクニック

これから年末にかけてバタバタと緊張感の高まる時期になります。

年賀状、帳簿付け、お歳暮の手配などなど。

しかも、これからどんどん寒くなってゆくので全身を緊張させたり体に力を入れた状態のままになってしまう人も多いかもしれません。

特に外で働く人は、ずっと寒い中で作業したり営業職の人は年末に向けて成績を高めておかないといけなくて大変だという話を聞きます。

そんなわけで、今週のお題「リラックス」する方法についてお伝えします。

簡単なリラックス法

舌の力を抜く

頑張るときは「歯を食いしばる」という状態になりますよね。

つまり、この逆をすることが全身をリラックスさせる方法につながります。

しかも「あごの力を抜く」よりも「舌の力を抜く」という方法の方がダラーンとしやすいので、舌の力を抜く方法をお勧めします。

一時的に体に力を入れた後に脱力

これは「体に力を入れた後に抜くと、普通に力を抜くよりもしっかり脱力できる」という話によります。

この方法は「一時的に地からを入れる」というものであって、1日中緊張しっぱなし、肩に力を入れっぱなしにした状態の話ではありません。

あまりに長時間力を入れっぱなしにしておくと、逆に力を抜くことが難しくなります。

外回り営業や外で働く方は気を付けないと、体に力を入れっぱなしになるかもしれません。

しっかり脱力タイムを作って全身の力を抜ける状態の体を維持しましょう。

f:id:cloudsalon:20181103232503j:plain

未病(みびょう)を癒す

未病というのは、病気というほどではない軽い体調不良のことを指します。

よく言われるのは「冷え」「眠れない」「なんとなくだるい」というものですが、

「いつもより気分が落ち込んでいる」「頭の中の整理がうまくいかない」「なんとなく気が乗らない」程度の状態も未病のひとつと言えます。

冬に向かって体調を崩しやすい時期なのに忙しさもピークで、未病状態の体調悪化なんて気にしていられない時期かもしれませんが、この状態を放っておくと休日に「疲れがどっと出た」となって高熱にうなされたりします。

お正月休みを元気に過ごすためにも、こまめに気分転換したり緊張をやわらげて未病を改善しておくと良いですよ。

Powered by はてなブログ 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス