札幌市豊平区鍼灸院くらさろ未病を癒す訪問治療整体院

訪問治療対応の鍼灸院くらさろ 011-827-6955(受付7-22時)札幌市豊平区中の島の整体


鍼灸院くらさろ 070-4132-3798(7:00-22:00)
訪問範囲:札幌市内全域、住所:豊平区中の島1条1丁目7-8マルトビル2階 

寒暖差疲労という自律神経の乱れからくる体調不良、未病のうちにできる対策

北海道は急に寒くなりました。

気温差によって体調を崩す方が多いというニュースも流れていますね。

この体調不良は寒暖差疲労というもので、前日からの気温差が7℃程度あると引き起こしやすくなります。

寒暖差疲労は体温調節に関わっている自律神経の乱れによってかかる症状で、「だるさ、頭痛、めまい、冷え性、吐き気」といった症状のほかに「気分が落ち込みやすい、イライラしやすい」といった精神的な症状も現れます。

さて、東洋医学では「だるさ、冷え、気分の落ち込み、イライラ」といった状態を「未病(みびょう)」と呼んでいます。

寒暖差疲労のような自律神経の乱れからくる体調不良のうち、「なんとなく調子悪い」「気分がのらない」といった状態もまた未病のひとつです。

未病を深刻な症状に発展させないよう、いまのうちに対処して冬を乗り切りたいですね。

 寒暖差疲労とは

暑い日は汗をかいて体温を下げる、寒い日は筋肉に力を入れて震えるなどして体温を上昇させる。

このようにして体温を一定に保つ働きをしているのが自律神経と呼ばれるものです。

この体温維持を司っている自律神経が急な温度変化に対応しきれなかったとき、体調を崩してしまいます。

これが寒暖差疲労と呼ばれるもので、夏にかかるクーラー病でも寒暖差疲労と同じ症状になります。

f:id:cloudsalon:20181208135150j:plain

寒暖差疲労を防ぐ方法

日頃からの運動はとっても大事なのですが、今すぐ簡単にできる方法として「首を温める」という方法をお勧めします。

外を歩くときはスカーフやマフラーを巻く、後頚部にカイロを貼るなどして冷やさないように心がけましょう。

また、体全体を温めるカイロの有効な使い方としては、足裏かふくらはぎに貼ると良いという研究結果もあります。

できるだけ体を冷やさないようにして、自律神経に負担をかけないよう気を付けましょう。

寒暖差疲労に有効な針灸

「なんとなく体調が悪い、気分がのらない、気持ちが沈む」といった具体的に症状として出ているわけではない未病のうちに寒暖差疲労を改善できると良いのですが、もし「何もしたくない、気持ちばかり焦って行動できない」という状態にまでなってしまった場合、針灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

針やお灸は自律神経を整える作用があるので、気分をスッキリさせてくれます。 



Powered by はてなブログ 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス