はりきゅうの蔵出しサロントーク-札幌市豊平区中の島の治療院ブログ

札幌市豊平区中の島の治療院、鍼灸院くらさろのブログです。

お知らせ・くらさろイベント

技術革新がもたらす鍼灸治療の未来と鍼灸師の大失業時代

IoT(モノのインターネット)や機械学習の飛躍的な成長によって、さまざまな職種で人間を必要としない未来が予想されている。

経済アナリストや税理士といったデータを扱う職種だけでなく、弁護士やプログラマすらも消えゆく職種と言われており、当然ボディケアに関わる職種も例外ではない。

既にマッサージ機は10万円も出せば高性能なマッサージチェアが手に入り、1万円程度のハンディタイプも、ちょっとした肩凝りや脚の疲れをほぐすには充分な性能を持っている。

一方で鍼灸(はりきゅう)は電気針や温灸などの機材こそ既に使用されているものの、あくまでオプションの範囲で留まっており、直接人体に針を刺したり灸を据える行為自体は鍼灸師自身の手で行われている。

しかし、もし刺針および灸を据えることのできる機械が作られたなら、鍼灸師の大失業時代は確実にやってくる。

 

鍼灸師の職域を脅かす可能性がある機械

針を刺す行為のできる機械といえば

ミシン!こいつは強敵だ!!

f:id:cloudsalon:20180424001140j:plain

厚手の布から薄い布まで針の太さを取り換えれば何でも縫える。おまけに速い!これが針師の業界に入ってきたら僕がツボを一つひとつ刺してゆく間に全身のツボを刺して更に治療時間はたっぷりあまる。もちろん刺激量だって自由自在だ。

ジャノメ・ブラザー・シンガー。このあたりの参入でサラリーマン針師の未来は無くなるだろう。

お灸の世界はもっとシビアで

すでにアイロン灸という技術が存在する!

患者さんにバスタオルをかけてアイロンをかけるという、使い方はいたって普通なのだが手軽さの割にアイロン灸はかなり気持ち良い。

この温かさと押圧刺激を組み合わせた機械は企業が本気になればいつでも作ることができる。

今はまだ布のシワを伸ばすことばかりに気を取られているものの、ヘルスケア業界が儲かると思えば確実にやってくる。

鍼灸師の大失業時代は近い!

 

鍼灸師の生き残る道

まーそんな冗談はともかくとして、現実問題として鍼灸業界はなかなか大変だ。というのも鍼灸治療を受ける人の割合は国民の4%程度。だいたいの体調不良は病院にかかるので、もはや鍼灸なんて車社会に馬の鞭を作っているようなものだ。

しかしながら時代は巡る。細分化された診療科と高度に機械化の進んだ医療業界だからこそ、再び鍼灸という古来から脈々と続く医療技術が見直されるのではないか。

そして鍼灸が再び脚光を浴びるために「不の解消」という、どんな職種にも言えるところから考えると道は開けるはずだ。

たとえば機械による予防や治療の難しい「孤立」という問題。孤立がいかに健康を害して死亡率を高めているのかという論文が発表されており、僕は鍼灸治療院の待合室で「孤立」を防ぐことができないか模索している。

www.cloudsalon.net

 

また、イノベーションとは様々な組み合わせによって起きることから人は様々な分野を学ぶ必要がある。そこで「能力で支払いをできる場の提供」を考えた。

www.cloudsalon.net

全てのアイディアが形になるとは思っていない。しかし沢山のアイディアを考えてゆく中で何か形になったり、アイディアとアイディアがさらに組み合わさって良い治療院を提供できるようにしたい。


 

 

Powered by はてなブログ 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス