はりきゅうの蔵出しサロントーク

札幌地下鉄南北線・中の島駅から徒歩1分にオープンする鍼灸院くらさろのブログです。

鍼灸院くらさろ

中の島駅徒歩1分、和モダンな鍼灸院9月オープン

ホームレス小谷さんとバカっぽい鍼灸院くらさろ

バカっぽい鍼灸院を開きたい!

鍼灸はエンタメになれる!

足裏マッサージより鍼灸の方が絶対に見た目インパクトある!!

そんな考えから始まった僕の鍼灸院づくり。あーだこーだ考えているところで、めちゃくちゃ素晴らしい出会いがあった💛

 ホームレス小谷さん

 小谷さんはめちゃくちゃ気分アゲアゲにしてくれる✨

褒めるし語るしヒゲはくるんってしてるし最高!!そして彼のヒゲを見て僕が真っ先にイメージしたのは「バビルサ」というサイみたいな動物。

バビルサとホームレス小谷

バビルサ(左)小谷さん(右)牙とヒゲの形が似ている

※画像:Babirusa - Wikipedia

 バビルサの牙は伸びすぎると最後には自分に刺さって死ぬという、ワケわからん命の張り方をしているエンタメ性の高い動物だ。小谷さんもヒゲ伸び放題にしたら自分に刺さるんじゃなかろうか。

まぁでもそうならないように沢山の恩と信用を集めてきた彼なのでトリマーは大勢いらっしゃるだろう。家も金も無くたって生きていけるのだから大抵のことは何とかなるに決まっている。

衝撃を受けたホームレス小谷さんの本「笑うホームレス」

スナックキャンディにお客さんとし来てた美枝子さんが「小谷さんの本を買いたい。」と言ったところから、本を買う流れになったので僕もついでに買った。

笑うホームレス:著者ホームレス小谷、ゴーストライター西野亮廣

笑うホームレス:著者ホームレス小谷、ゴーストライター西野亮廣

車の免許を取ったとき交通安全協会に加入する流れみたいなもので、こういうのはついついお金出しちゃうよねw

それで、せっかく買ったし薄い本なので読んでみたら、これがむちゃくちゃ濃い内容だ。無駄をそぎ落として薄くしたビジネス書と言っても過言ではない。

中でも僕にとって笑ってる場合じゃない最大の落とし穴について書かれており

他山の石で殴られたような衝撃を受けた!!

P22の家入一真さんという部分に書かれているその内容

「ホームレスでも笑って生きられる生き方を生徒たちに講義してください。」と頼まれ、数十人の生徒さんを相手に1時間半近く語った。

嬉しくなってそのことをヤン君に話したら

「ちゃんまり(小谷さん)は戦略を語っちゃダメだよ。誰よりもバカで誰よりも貧乏で誰よりも下にいるから需要があるんだよ。その手の依頼は二度と受けちゃダメ!」とこっぴどく叱られた。

 

 いま自分がやっている失態はまさにコレ!!

偉く見られたい

尊敬されたい

賢そうに思われたい 

無意識でやらかすんだろうね、こういう愚の骨頂。普段の自分でいれば良いものを、ついつい偉そうなことを言いたくなるし説教ウンチク垂れたくなる。

中年おっさんの自慢話ほど面倒くさいもの無い💦

マジで良い本買ったわ。危うく偉そうな鍼灸師になるところだった。

こんな素晴らしい本をたった1000円って安すぎて申し訳ないので、小谷家族に入ることにした。

 

 


  

www.cloudsalon.net

www.cloudsalon.net

 

Powered by はてなブログ