鍼灸院くらさろ

腰痛ぎっくり腰、頭痛と肩凝りだけでなく不眠症や冷え性対策に札幌市豊平区中の島の鍼灸整体院


鍼灸院くらさろ 070-4132-3798(7:00-22:00)
日曜・祝日も営業
訪問範囲:札幌市内全域
住所:豊平区中の島1条1丁目7-8マルトビル2階 

ストレスを活用して体を回復させる治療法『ISTDP』

やたら患者さんを叱りつけるような治療家、規則正しい生活を押し付ける治療家っていますよね(笑)

特にひどいのになると「仕事辞めないと死ぬよ?」と脅すタイプ。むしろ仕事辞めたら金欠で死ぬの早まっちゃうよ💦

強気で正義すぎる治療家って嫌だなーと思うのですが、実は高圧的に精神を追い込む治療法もあります。

 ストレスを与える治療法『ISTDP』

f:id:cloudsalon:20180507123118j:plain

 ISTDPという治療法はとってもユニークで、患者さんの話を聞いてる最中のカウンセラーがウロウロしたり攻撃的な言葉をぶつけてきます。

細木数子先生ならこういうの得意そう。

テレビに出るたび「地獄に堕ちるわよ」「地獄に堕とすわよ」って言ってたし(笑)

 原因不明の症状や痛みを精神的な治療によって快方へと導く試みが進行中 - GIGAZINE

Intensive Short-Term Dynamic Psychotherapy(徹底・短期的な動的精神療法/ISTDP)

ISTDPは非常に激しい対話を行います。決して親身になって患者に寄り添うタイプの会話ではなく、治療者は患者が話す間もゆっくりとイスに座らず、常に質問したり挑戦的な発言をしたりして対話を行います。アバス氏はこの対話を「厳しいコーチング」「積極的にイライラさせるプロセス」と呼んでおり、時には「あなたは母親に怒って殺したいと思ったことがありますか?」「どうやって殺したいと思いましたか?」「母親を殺したいと思ったことについて、今のあなたはどう思いますか?」といったきわどい質問を投げかけます。

なんとなく理屈は分かりますが、これを実践しようとしたら同時に自分も病みそうですね💦

僕なら「つらい症状に悩んでる人にこんな態度で良いのかな」ってふさぎ込んじゃいます。

東洋医学でのストレスを利用した治療法

 

五臓
七情
五行論

 さて、東洋医学でも五行論や七情という考え方を使えば、ストレスを活用した治療法を構築することができます。

  1.  「怒り」によって考えすぎ(思)を打ち消し、脾や胃の経絡を整える。
  2. 「悲しみ」によって怒りを鎮め、肝や胆の経絡を整える。

ちょっとこのあたり難しいかもしれませんが、五行論によると「笑う・楽しい」だけがストレスを解消して体を癒す治療ではありません。

場合によっては笑いすぎも体に毒になることがあります。

ちょっと極端な例ですが、パチンコや宝くじで大当たりした瞬間ショック死するとか、笑いや喜びも度を過ぎれば害になります。

一方で「怒り」は行動力や積極性にもつながるので、上手く活用すると人生を良い方向に向けられますよ。 

一般的にネガティブな感情である「怒り」「恐怖」というのも上手くコントロールして、体を癒し日常生活を良いものにできたらいいですね。

 


 


Powered by はてなブログ