鍼灸院くらさろ未病を癒す訪問治療対応札幌市豊平区整体

訪問治療対応の鍼灸院くらさろ 011-827-6955(受付7-22時)札幌市豊平区中の島の整体


鍼灸院くらさろ 011-827-6955(7:00-22:30)
訪問範囲:札幌市内全域、住所:豊平区中の島1条1丁目7-8マルトビル2階 

ぎっくり腰かと思ったら、腰痛ですらなかったお客様

※治療院を開く前の訪問治療をしていた頃の話です。

 

訪問はりきゅう治療という仕事は腰痛患者が圧倒的に多く、特に初めて呼ばれるときはぎっくり腰の治療で呼ばれることが多いです。たぶん「自宅に呼べる鍼灸治療」という形態が、いかにもぎっくり腰向きだからなのでしょう。

方言のきついお客様

私のお客様のなかに、方言のきつい方がいらっしゃいました。

申し訳ないのだけど話しの半分も分からない。ときどき理解できる単語を拾って会話する状態です。

特に「しゃ・しゅ・しょ」と濁音の発音が多く、しかも早口でたくさんしゃべる。もちろんお客様も、私が理解してないことを承知でしゃべるので不思議な時間が流れます(笑)

札幌訪問鍼灸治療院腰痛

そのごお客様が

「あしゅこしっんで、はー、んねれねぐでねれねぐで、めーだ」

こんな感じのことを困ったように言うのです。私は

「足腰(が痛くて)、寝れなくて寝れなくて参った」

と解釈して会話

私「いつからですか?」

客「昨日の昼からんで」(意訳)

私「寝れないなんて、ずいぶん辛かったんですね」

 

こんなやりとりをしながら、私は腰痛治療に専念しました。

腰痛治療は、鍼灸治療だけでなく、運動療法で腰を持ち上げたり揺すったりするので、けっこう力がいります

汗だくになりながらも、腰痛治療が終わった瞬間、ご婦人はスッと立ち上がって早足で歩くではありませんか!

いやー治って良かった良かった♪

安心して針やタオルを片付けていたところ、コーヒーが出てきました。

 お客様の先ほどの言葉は

「足腰(が痛くて)、寝れなくて寝れなくて参った」ではなく

「アイスコーヒー飲んで、はぁ寝れなくて寝れなくて参った」

えっ?えぇーーーーっ!!腰が痛いわけじゃなかったの!?💦 

 

お互い会話が成り立たないのを分かって話しをするので、会話がすれ違ったまま時間が過ぎるのですが、まさかこんなことになるとは。

良かった。腰痛で寝れないわけじゃなかったのね(笑)

 

www.cloudsalon.net


鍼灸院くらさろ
電話:011-827-6955
受付時間:9-14時 16-21時
住所:札幌市豊平区中の島1条1丁目7-8 マルトビル2階


 

Powered by はてなブログ 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス