はりきゅうの蔵出しサロントーク-札幌市豊平区中の島の治療院ブログ

札幌市豊平区中の島の治療院、鍼灸院くらさろのブログです。

お知らせ・くらさろイベント

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法をSchooで学んだ

さいきん針灸業界で話題になっているのが「受療率が下がっている(お客さんが減っている)」ということ。これが結構深刻でさ、針灸業界あげて「#鍼灸受療率アップ大作戦 」とかハッシュタグまでつけて頑張ってて、これがスゲー面白いんだ(笑)

 結局どういう答えに行きついたかと言うと「治す技術を磨く」ということ。んでツイッターで仲良くしてもらってる針灸師の先生方もいろんなご意見を述べられている。

 

まぁそんなこんなで、じゃあどうやったら「集客できるのか・受療率が上がるのか」というのを今日のSchooで行われた授業「はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法」で教わった。

schoo.jp

タイトルからして素晴らしいよね。「集客頑張ろう!」じゃなくて「はしゃごう!」なんだよ。もちろん多くの業界で「楽しもう」というワードを重視しているし、僕が関わったウルトラマンや仮面ライダーなどヒーローショーでも「自分が楽しんで子供たちを楽しませる」というのを大事にしていた。だけど具体的にどういうこと?っていうのが意外と難しくて、そのモヤッとした言葉を今日の授業で理解できる言葉にしてもらった。

 

 

「行動をおこす!」「モチベーションあげる」と考えた時点でもうダメ

何がダメなのかというと「〇〇しよう!」の決意って、これ既に「やりたくないけど頑張ろう」だよね。でもさ、はしゃいでる状態って既に行動おこしてるよね。

 

ウッキウキで計画立てて、ひゃっほーいって外に出て、ウェーーーイ!って人と接する。

 

集客ってこれで充分なんじゃないかな? それで、なんか楽しそうな人のところに人って寄ってくるじゃない。そこで先生の刺さるワードですよ。

 

人は長所で尊敬され短所で愛される

 

ほんっとコレだよね。特に僕なんて「ハゲ・陰キャ・ブサイク」なんてもう愛されポイント満載なわけですよ。あとは「尊敬される」という部分さえ作ればもう完璧!みんなも自分の愛されポイントはいっぱい見つけてると思うから、尊敬されるポイントをいくつかピックアップして前面に出してゆけば間違いなく人生の成功者だ。


はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法
【アマゾンで探す】【楽天で探す】

ネガティ部・ポジティ部

ネガティブな人の話を聞くのって苦痛だよね。ぼくの母はもう奈落の底に堕ちた感じのネガティブでさ、ここ最近の流行語はコレ。

 

子ども達と縁を切ってあげる

 

僕が「縁を切りたいの?」って聞くと、泣きながら「縁を切りたくないけど、お前たちがそうしたいのかと思って」っていう返事。まぁ全力で叱り飛ばしてやるんだけどさ(笑) 

んで、まぁネガティブな人をどうやって幸せにしたらいいのか、楽しいことを見つけられるのかに対する先生の答えなんだけど

 

ネガティ部という部活をやっているんだから尊重しなさい

 

みたいな返事だった。

  • 登山部の人が手芸部に「そんなことしてたら雪山で生き残れないぞ」とは言わない。
  • 手芸部の人は登山部に「そんな危ないことしたらダメじゃない」とも注意しない

お互いの部に干渉しないから上手く関係を構築できるけど、これが生き方としてネガティ部所属の人にポジティブな人生歩めよ!って押し付けるから喧嘩になる。

なるほどなーって思ったわ。実際ネガティブな人が不幸のどん底を楽しんでいるのは分かっていたんだけど、それを尊重するという視点は欠けていたね。

 

人の長所を褒めよう。謙遜したら認めるまで褒めよう。

長所を褒めても「いやいやいや・・・」って謙遜しちゃう人多いじゃない? だいたい二言三言やりとりして、そこで別の話題に持っていくんだけど、そうじゃなくて

 

長所を素直に認めるまで褒め続ける

 

相手が素直に認めるとこまで延々そういうやりとりをするの。これ面白いよね♪

そうやって長所を相手の脳みそに刷り込ませるの。そしたらだんだん相手もその気になってゆくのかもしれないね。ネガティ部に所属してる人にメッチャしつこく使ってみたい手法かも。いくらネガティ部を尊重しようったって、グチを延々聞かされ続けたらいい加減腹立ってくるからさ。とにかく褒めまくろう。

褒め方については「ほめ育コミュニケーション」という授業でやったし。

www.cloudsalon.net

 

 そんなこんなで、年始にふさわしい心ウキウキする素晴らしい授業だった。

メッチャ楽しかったーーー


 

 

www.cloudsalon.net

www.cloudsalon.net

Powered by はてなブログ 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス