はりきゅうの蔵出しサロントーク

札幌地下鉄南北線・中の島駅から徒歩1分にオープンする鍼灸院くらさろのブログです。

鍼灸院くらさろ

中の島駅徒歩1分、和モダンな鍼灸院9月オープン

お笑い天下一武道会と土鍋ごはんでおぼろづき

お笑いのライブなのに「笑いをこらえる」という芸人泣かせみたいなことをしてきたよ(笑)

心の中ではめっちゃくちゃウケてんだけどさ、店内はこじんまりしてるし周り静かだし、なにより友達とかいなくて自分一人で見に行ってるもんだから肩身狭くて(汗) そんなわけでバカ受けしてるのをガマンしてひっそり見てきましたよ。

 オレマカさん優勝おめでとう

芸歴2年のオレマカさん。本名は「北海道のお笑いは俺にまかせろ」らしい。近いうち「日本のお笑いは~」って改名するのだろう。

f:id:cloudsalon:20180130231210j:plain

優勝賞金1万円

漫才の内容は「自殺願望を持った人とそれを止める友人」というハートフルストーリー。疲れ切った現代人の心に沁みる素敵な話でした。

どんなにネガティブなことを言っても受け止めてくれる親友がいてくれる。それだけで人生勝ち組だよね。

 

平野さんトリオはドロボウと戦隊グリーンと声優

お笑い天下一武道会に誘ってくださった平野さん、トリオで出てるのにトリオ名無いのかな?まぁそれはいいや。 

「ドロボウを止めるヒーロー、そしてヒーローの声を充てる声優さん」という感じのコントで、ドロボウが改心して最後はヒーローと抱き合う。これまた良い話だった。迷える子羊が踏み外した道から真っ当な人に戻ることを決意させるストーリー。こんな話もいいよね。

 

他には語楽ッケンローラーさんがアントニオ猪木のモノマネを混ぜつつの朗読(?)イメージは初期の劇団ひとりっぽい感じ。

あと政治ネタをされた方もいて、ネタの雰囲気は「ウーマンラッシュアワーのネタをつぶやきシローがやった。みたいな感じ。お二人ともネタはシュール君。

 f:id:cloudsalon:20180126010140j:plain

 

 いつも思うんだけどお笑い芸人って凄いよね!面白い話を作って、それを自分たちで演じて。テレビに出るのはこういう人たちの中から極一握りしかいないのかと思ったら恐ろしい世界だ(汗)

  

おぼろづきを土鍋でいただく

 さて、ライブ会場の下の階では居酒屋開店の準備をしていて、そこで米農家さんが土鍋でご飯を炊いていたのでご馳走になってきた。

f:id:cloudsalon:20180131004251j:plain

土鍋でごはん。品種はおぼろづき

土鍋っていう雰囲気からしてもう美味しいよね!しかも炊いているのがお米のことを知り尽くした米農家さん。そして「おぼろづき」という品種は生産量が少ない高級米という。

米作りから食べるところまで美味しい要素満載!


おぼろづき 北海道産 10kg
【アマゾンで探す】【楽天で探す】

 

おぼろづきの真価は「冷めても美味しい」ということで、お店では「おにぎりのテイクアウト」も考えてくれているとのこと。居酒屋というより定食屋として通いたくなるお店でした♪

 


 

Powered by はてなブログ