鍼灸院くらさろ (はりきゅう院くらさろ)

腰痛ぎっくり腰、頭痛と肩凝りだけでなく不眠症や冷え性対策に札幌市豊平区中の島の鍼灸整体院


鍼灸院くらさろ 070-4132-3798(7:00-22:00)
日曜・祝日も営業
訪問範囲:札幌市内全域
住所:豊平区中の島1条1丁目7-8マルトビル2階 

腰痛にマッサージは無意味なのか

前回記事の「腰痛や首の痛みには、安静より運動とストレッチが必要」で意図的に触れなかった情報があります。

www.cloudsalon.net


鍼灸が効果的という富永喜代先生の話はリンクしましたが、腰痛治療でマッサージは効果がはっきりしない。という話しには言及を避けました。

 

この話は、朝日新聞の記事で

「安静より運動がお勧め、マッサージ効果は疑問」

と見出しがついており、またヘルスプレスというサイトの記事中でも「マッサージを避けたほうが良い」と書いています。

 

 

腰痛は温める?冷やす?牽引やコルセットの効果は?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS
マッサージ等の効果もはっきりと良いという結果は少なく、一方、悪化させるケースは多い。下手なマッサージは避けたほうが安全だ。

 

 

f:id:cloudsalon:20160125222922j:plain


上記の記事やリンク先は、海外で行われた研究データから導かれた結果だと思われ、この話だけではマッサージが無益のような印象を受けます。

 

マッサージは神経回路の再生を早める

マッサージの定義を「揉む、さする、圧す、叩くなどの行為」とします。「大学共同利用機関法人・自然科学研究機構・生理学研究所」による研究では

怪我した部位をさすると傷ついた神経の再生を促す

ことがわかりました。

 

「さする」と反応、神経の突起を伸ばす新たな分子メカニズムを解明―神経の細胞伸展の感知センサーを発見―/自然科学研究機構 生理学研究所


打撲などで傷ついた皮膚の神経の損傷部位を自然とさすってしまう行為は、神経の突起の伸びを促し、神経回路の再生も促す効果があると考えられます。

 

記事の図3にある文章:神経損傷部位を自然とさする行動には、神経細胞の伸びを促す効果がある

 

 

 

2つの記事からの推測

運動とストレッチの場合、動いている間じゅう痛みがあります。痛みをこらえて動くうちに、痛みに慣れるとともに時間の経過による回復が見込まれます。

 

一方でマッサージは、さすられている間は痛くありませんが、動こうとすると急激に痛みが走ります。無痛状態から激痛への急激な変化には馴れることができず、それが実験結果で言うところの「効果が薄い」ということになるのかもしれません。

 

ただ、毎日長時間を痛みのともなう運動やストレッチばかりでは精神的にも大きな負担になりますし、無痛状態でもある程度神経系の回復が見込めるマッサージを併用したほうが治療にかかるストレスが減ります。

 

腰痛の8割はストレスからなる。という話しもあるので、患者さんの精神状態や気分によって様々な手法を組み合わせることが大事だと思います。

 

 

 

 

Powered by はてなブログ