鍼灸院くらさろ

四十肩五十肩ぎっくり腰、頭痛や肩こり腰痛のほか不眠症や冷え性対策に札幌市豊平区中の島の鍼灸整体治療します

070-4132-3798(7:00-22:00)
施術料:90分7000円・60分5000円・30分3000円・15分1000円

ストレス

過敏性腸症候群に鍼灸をお勧めする理由は東洋医学の考え方にある

検査では原因不明とされる過敏性腸症候群(IBS)その原因がストレスならば、ストレス緩和に役立つ東洋医学、鍼灸や整体による治療はいかがでしょうか。

うつ病治療に運動は効果無いという新説

うつ病そのものに運動は効果が無いという新説について、糖尿病など生活習慣病由来であれば効果が出るとのこと。また運動は一時的に思考を止めてくれるので、その時だけでも気分を回復させてくれるなら、やはり運動は良い影響をくれると考えられます。

新生活の不安をやわらげ不眠症やうつ病を防ぐつぼ

不眠症、うつ病など精神的な病を予防するための心包経上にあるツボの紹介。

不安感や焦燥感を消す意外すぎる方法

うつ病や不眠症などになる前段階、不安感や焦燥感を消して冷静に行動し、良い未来を選択できるようにする方法です。

恐怖で治る!針灸治療という急性ストレス

ストレスにも2種類あり、体を壊すストレスを慢性ストレス、活力にできるストレスを急性ストレスといいます。鍼灸治療は急性ストレスを与えて体を回復させたり、慢性ストレスを癒す効果があります。

肩こり頭痛に効果的な経絡「胆経」は鍼灸学生にとって肩こり頭痛の種

肩こりや頭痛に効果のある胆経という経絡と、よく使うつぼ「客主人」について。特に胆経は決断力や行動力に影響を与えます

NHKあさイチ「東洋医学で1年を元気に」を東洋医学の専門家が補足説明!

NHKあさイチ「東洋医学で1年を元気に」。針は痛くないのか、つぼは痛いところが悪いところなのか。などの疑問にお答えします。

たった4分で長期休暇から仕事モードに気持ちを切り替える方法

長期休暇突入から2日の初売りまであった高揚感も終わり、「そろそろ仕事モードに切り替わらねば!」という気合いとともに、若干アンニュイになる方もいらっしゃることでしょう。 ただ、気のぬけたまま仕事はじめを迎えてしまうと「夜更かし&昼寝、そして適…

『いつも眠い』冬季うつの症状である眠気を抑える方法

「冬の眠気」は寒暖差疲労や冬季うつの可能性があります。冬という季節自体、睡眠時間が延びる季節なのですが、それ以上に眠い場合は治療すると活動的になれます。

ストレスを東洋医学では七情として細かく分類をする

鍼灸治療の基礎理論である東洋医学ではストレスを内因と呼びます。この内因は「怒・喜・思・憂・悲・恐・驚」の7つに分類するので七情とも呼びます。

寒暖差疲労という自律神経の乱れからくる体調不良、未病のうちにできる対策

急激な寒さなど大きな気温差によっておこる体調不良を寒暖差疲労といいます。その原因は自律神経にあり、未病のうちに防ぐ方法を解説しました。もし体調悪化させてしまったときは鍼灸治療によって自律神経を整えてはいかがでしょうか。

「米軍採用の2分で寝れる方法」を手頃な形で実現できる針灸の不眠症治療

数多くの論文を実用レベルで紹介してくれるメンタリストDaiGoさんが、動画とブログで「米軍採用の2分で寝れる方法」を説明していました。 この方法を使うと96%もの兵士が眠れているという驚異的な結果で、不眠症対策や睡眠時間の足りない方に有効な方法です…

お灸はストレス臭を薄める。リラックス効果のある煙

ストレスを感じるとストレス臭を発してしまいます。お灸はストレス緩和効果だけでなくストレス臭を香りで薄めることあできます。

NHKあさイチ女性の発達障害の鍋パみたいにライフハックを紹介しあえたらいいね

発達障害はひと昔前まで男性に多い障害と言われてきました。 その理由は「女性は男性に比べ言語能力の高さから人間関係を構築しやすい」という性差による発見の遅れです。 平均して女性が2万語を話す間に男性は7千語しか話さないため、女性のコミュニケーシ…

季節性感情障害(冬季うつ)という未病対策「やらないことを決める」

「早く寝て遅く起きる」「やるべきことを最小限にする」季節性感情障害(冬季うつ)という未病対策について。

望ましい人間関係のありかた

「人付き合いなんて無い方が良いのよ。」 これはマツコ・デラックスさんが「5時に夢中!」という番組内で言ったもので、夕刊フジに掲載された75歳男性の投書「かかりつけ医師に言われた人付き合いについての悩み」に答えたものだ。 男性が医師に言われた内…

瞑想で自分の心と向き合う。良い話であれ悪い話であれ、心を落ち着けて考えよう

姿勢改善プログラムの講師を多数輩出している「先生のための先生」であるNagisa先生とコラボして「針&骨盤力の簡単姿勢改善レッスン」を開催することになりました。 他にも骨盤力レッスン会場として鍼灸院くらさろを定期活用いただけるとのお話もいただきま…

体の緊張をゆるめて未病を癒す2つのテクニック

これから年末にかけてバタバタと緊張感の高まる時期になります。 年賀状、帳簿付け、お歳暮の手配などなど。 しかも、これからどんどん寒くなってゆくので全身を緊張させたり体に力を入れた状態のままになってしまう人も多いかもしれません。 特に外で働く人…

冬季うつ(季節性うつ)を予防するための東洋医学で考える未病治療法

NHKあさイチで特集された「うつ病の薬物療法」 番組内容として私が気になった話は大きく2点。 正しい治療であれば2年以内に回復するので、10年以上治療している人は薬の服用方法や治療法を見直しましょう。 薬は大量に飲むのではなくせいぜい2種類、ある程度…

睡眠不足という未病を不眠症にしないための改善方法

東洋医学では睡眠不足によるダルさを、未病(みびょう)という軽度の体調不良に分類します。 1日だけの睡眠不足による調子の悪さなら問題無いのですが、この状態を1週間も続けてしまうと日常生活に影響がでてきます。 もの忘れが増える。 怒りっぽくなる。 …

薬では治療の難しい耳鳴り、針灸では腎と肝の経絡で治療する

成人の10~15%ほどが患う耳鳴りは、特に難聴も同時に患っている高齢者に多いように感じます。 この耳鳴りについて日本聴覚医学会が大会で「薬による治療は相当難しい」という内容を発表しました。 大人の耳鳴り、薬は効かず 患者1千万人、初の診療指針:朝…

純ココア摂取から3か月経過後の体調

「最高の体調」の著者、鈴木裕さんのブログで「摂るべきサプリメント」第二位にココアを挙げていました。 サプリメントではないココアをランクインさせてるところから、普通の食品としてはかなり体調に良い影響を与えるのではないかと思い摂取して3か月。 体…

冷え性治療にも使えるストレスを緩和する経絡(けいらく)

未病(みびょう)という軽い体調不良の代表的な不快感として「冷え」があります。 これを放置しておくと冷え性になってしまうので、冷え性予防として未病治療をすることは体調管理法として大変効果的です。 さて、未病は内因(ないいん)という感情の動き、…

アンガーマネジメントで豊田真由子議員の怒りを制御できるとは思えない

「豊田真由子議員が秘書に罵詈雑言を浴びせた」というニュースについて、アンガーマネジメントの習得を勧めている動画や記事をいくつか見た。 しかし、秘書が録音したという暴言の音声を聞く限りでは、アンガーマネジメントで対応できる範囲を超えているので…

虐待する親は愛情のかけらも無い鬼畜なのか

虐待をする親の気持ちについて、実際に親に聞いてみた。

アンガーマネジメントはなぜ「怒りのピークは6秒」と言うのか。根拠について調べた

アンガーマネジメントというのをご存知でしょうか。怒りのコントロール法について考えられたもので、大雑把に言うと「怒りを感じたときは6秒待ちなさい」みたいなものです。

2回同じミスしたときの、お詫びの手紙

※謝罪文の書き方について下記リンク先にて、改めて記事を書きました。 www.cloudsalon.net 今年も皆さまの優しさのおかげで、無事平穏に終えることができそうです。 ご迷惑をかけてしまった方々すみませんでした。そして許してくださった方々ありがとうござ…

飲尿健康法はストレス改善や不眠治療、不安やうつ病の改善につながるのか

飲尿健康法はストレス改善や不眠治療、不安やうつ病の改善につながるのか。鍼灸院くらさろではお勧めしないが、札幌市豊平区中の島の治療院としてはこういう民間療法って気になります。

Powered by はてなブログ