聞きかじり垂れながし

「鍼灸プレイルームくらさろ」札幌中の島駅で7月オープン✨待合室でゴロゴロしてるだけでも大歓迎!!みんな来てねー💛

鍼灸プレイルームくらさろ

中の島駅で7月オープン✨60分2000円です

それ本当に簡単?かんたん毒だし健康法は面倒くさそうだし環境にも悪そう

僕は運動なんか好きじゃない。ただ年をとったとき病気で苦しんだり寝たきりになりたくないから運動をしているだけだ。

だから運動するにあたって「会社帰りはダメ」「日中にやるべし」なんて条件を付けられると、運動する気力そのものが萎える。

さて、そんな怠け心満載の僕にとって、厳しいようなありがたいような妙な話が舞い込んできた。「かんたん毒だし健康法」という、お医者さんがアーユルヴェーダの健康法について書いた本の紹介文だ。

ddnavi.com

※上記記事より引用

ダイエットや健康のため、会社帰りにジム通い、週末にがんばってジョギングなどの運動習慣。運動するのだから身体に良さそうだが、実はこれも逆効果だという。夜の運動や激しい運動は消化力を弱めるので、身体に毒素がたまりやすくなり、結果として太りやすい身体をつくってしまう。

まず「時間帯の悪い運動や激しい運動は逆効果」というくらいだから、会社帰りのジム通いや週末頑張ってのジョギングについて「何もしないよりもっと悪い」ということになる。つまりランキングにすると

 

  1. 毎日疲れない程度の運動を日中に行う
  2. 何もしない
  3. 会社帰りのジム通い・週末に頑張ってジョギング

 

という順番になる。

f:id:cloudsalon:20180505032937j:plain

こんなこと言われちゃうと僕だったら「頑張ると毒素が溜まっちゃうから、何もしないのがいいなぁ」なんて言い訳して家に引きこもっちゃうよ💛

 そりゃベストは日中に疲れない程度の運動するのが良いかもしれないけど、色々やるべきことがあって忙しいじゃない?それだったら次点の「何もしない」という選択肢が自分に合ってる✨

 

 白湯飲み実践は自分の体以外にも気を使おうよ

f:id:cloudsalon:20180505033121j:plain

※上記記事より引用

体内をスッキリ綺麗にする理想的な飲み物として、白湯をオススメしている。温かな白湯は内臓を温め、消化力を高めて、代謝力をアップさせる。そのため、たまった毒を洗い流すデトックス効果が期待できるのだ。そんな白湯はつくるのも簡単で、綺麗な水をやかんで15分ほど沸騰させるだけでできる。日常にも簡単に取り入れられるのが、嬉しいところだ。ちなみに、1日に白湯を飲む目安はコップ5~6杯

 自分の体を綺麗にするために飲む白湯。これで毒素を排出すると体内は綺麗になるかもしれない。でも15分間も沸騰させて作る白湯を1日5~6杯。食前食後のお湯は同時に沸かすとしても45分くらいは湯を沸かすためにガスや電気を使うことになる

これって、地球環境にとって良いことかな?水や空気といった環境を汚すことは巡り巡って自分の体を悪くすることにつながると考えないのだろうか。

そしてそんな自分の体だけ綺麗になればいいっていう、その心は綺麗なのか?

アーユルヴェーダの教えは自分の体だけを考えるのではなく、心や行動および環境もひっくるめた全体観の教えになっているはず。

ちょっとお茶を飲む程度に沸かすならまだしも、1日45分以上も水を沸騰させ続けるという、環境に悪い白湯を飲むことは教えに背いているよね。

せっかくアーユルヴェーダという教えに基づいた健康法を実践するなら「地球と共に生きる自分」という大きな視点を持ってくれるといいな。

 


かんたん毒だし健康法
【アマゾンで探す】【楽天で探す】


 

www.cloudsalon.net

www.cloudsalon.net

Powered by はてなブログ