聞きかじり垂れながし

「鍼灸プレイルームくらさろ」札幌中の島駅で7月オープン✨待合室でゴロゴロしてるだけでも大歓迎!!みんな来てねー💛

鍼灸プレイルームくらさろ

中の島駅で7月オープン✨60分2000円です

治療院構想が甘すぎて指摘されたこと

前回の人をダメにする鍼灸治療院構想。この記事について励みになる暖かい言葉をもらう一方で、ダメなところのご指摘をいただき改善点が具体的になりました。

フワッとした構想のまま書きましたが的確なコメントのおかげで得るところが多く、未熟なままでも構想をブログに書いて良かったと心底思いました。

 

 

励ましの言葉をありがとうございます。

看護師というお仕事柄、病気予防や健康増進に関する専門的な話を分かりやすい言葉で書かれているレディ・ジョーンズさん。いつも暖かいお言葉をありがとうございます。

ナースほど誇れる仕事はありません

 

 そして学校の公式ブログとは思えない柔軟で親しみのある記事を書かれている先生。 このような可能性を広げてくださる先生のところで学ばれる生徒さんは幸せですね。

関東鍼灸専門学校 事務室の窓から

  

 熱意を小細工なしでストレートに伝える

シニア放送大学や書籍などで学ばれたことなどを書いているシロッコ手習鑑さんからのご指摘。

人をダメにする鍼灸治療院構想 - 聞きかじり垂れながし

面白いですけれど、行ってみたいまでは思わないです。ダラダラ、ゴロゴロするメリットのアピールが響いて来ません。厳しくてすみません。 コンビニなどのイートインのような気楽さのスペースが出来るといいですね。

2018/02/16 07:49

b.hatena.ne.jp

 

「人をダメにする鍼灸治療院」の本来の目的は、過労や不眠、慢性疲労症候群など疲れている人を対象にしており、施術室に入ってから治療開始ではなく、待合室に入った時点からリラックスして体力回復の時間を長くすることが主旨だったので、それを冒頭で書くべきでした。

f:id:cloudsalon:20180217221158j:plain

今までブログの書き始めをアイスブレイクやジョークから入ることを意識して書いていましたが、話がブレたり本来書くべきことに触れられなかったりと、伝えるべきことを書いていないので「行きたいとまでは思わない」と言われて当然。それを濁すことなくストレートにコメントしてくださったことに感謝します。

しかも相当気を使わせてしまい、色々言葉を選んでくださり有難いやら申し訳ないやら(汗)

 

 待合室でゴロゴロしてるだけの人を利益に結び付ける項目

最近は100均アイテムなど便利グッズの比較記事や意外な使い道について書かれているゆきのココだけの話さんから。

人をダメにする鍼灸治療院構想 - 聞きかじり垂れながし

この湾曲したポジティブ思考、面白すぎる。質の良いゴロゴロダラダラが強みという発想、嫌いじゃない。ただ、後半が・・・

2018/02/17 10:21

b.hatena.ne.jp

「後半が・・・」のあたり、SNS拡散とアフィリエイトによる収益化の話だと思うのですが、「鍼灸院に来てその話はしたくない」なのか「その見通しは甘い」なのか。

とにかくこのへんがダメなポイントなのでもっと深く考えるか別の方法も模索すべきと感じました。

「疲れている会社員が昼休みにフラッと休憩に来てほしい」という考えの元になったのは、シェアリングカーの車内で休息をとる人がいたり、仮眠を取らせる企業の特集では机に突っ伏して寝ている姿をテレビで見て、しっかり疲れの取れる場を提供したいという思いからでした。

ただ休憩場所を提供するにあたって、利用者は無料なら気が引けるし有料なら敢えて使うことも無いだろうと考え、来てもらうだけで鍼灸院にメリットがあることを言えるようにしたかったのですが、ゆきさんの指摘からもっと考えを深める必要があることがわかりました。

 

自分の言葉を使う

 ご指摘をいただいたわけではありませんが、「人をダメにする」という素晴らしいコピーについて。

この言葉に僕は深く感銘を受けたのですが、やっぱり借り物の言葉である以上そこに自分の想いが乗っておらず、誰の心も動かせないことに気づきました。今までプペル北海道の交流会など各所で構想を話してきて、皆優しいから盛り上がってくださいましたが、自分の脳で生み出さないと魂の宿った言葉にならないことが分かりました。

 

ブログを書き続けたことで自分の財産になっていることを実感した

自分の考えだけで鍼灸治療院を作っても独りよがりになって確実に失敗するので、このようなご指摘をいただけたこと大変嬉しく思います。

もしブログを続けていなかったら親身になってくださる方からのコメントを貰うこともできなかったので、そういう点でブログが財産になっていることを感じました。

 

 

Powered by はてなブログ