読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞きかじり、たれながし

みんなでツッコめ粗探し

クローバーコイン新規事業説明会に参加することになりました。

クローバーコイン・リップル

?

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

知人が持ってきたウマい話、クローバーコインのセミナーに行くことにしました。

クローバーコインは、仮想通貨であるリップルと等価値に交換してくれる通貨ですが、リップルそのものを取引すると何らかの法律にひっかかるようで、リップルの代用としてクローバーコインを取引するらしいです。

はてなのお題『5年後の自分』はクローバー取引でどうなっているかな?(笑)

※注意事項

  • この記事はネットで集めた話であり、私の解釈が間違っている可能性があります。
  • この記事はXRPおよびクローバーコイン投資の参考にはなりません。
  • 本記事を読んでクローバーコインに否定的な意見を持った場合、それは私の書き方が悪いだけなので、決してブックマークやコメントにクローバーコインおよび48HDの悪口を書かないでください。
  • 私自身への悪口や、間違った解釈をしている部分への訂正は問題ありません。

クローバーコインとは

クローバーコインについては下記ウェブサイトが最も詳しいです。

「クローバーコイン」の記事一覧 | 仮想通貨でHappyLife!フィンテック革命とは?

clover-coin.com

 

リップル(XRP)という仮想通貨で価値を保全した交換通貨のようです。

これは日本円と楽天ポイントのような関係で、リップルの価格によってクローバーコインの価値も上下するものと考えられます。

XRPは世界のマーケットでも値がついており、2016年11月21日時点で

  • 1XRP=0.84円
  • 1XRP=0.0076米ドル

という値がついており、XRP自体は直接取引できるようです。それなのにXRPで価値保全をされたクローバーコインを使う理由について

クローバーコインって仮想通貨なの? | 仮想通貨でHappyLife!フィンテック革命とは?

ビジネスの形態により、現金と同様の価値を持つ仮想通貨そのものを販売することができません。そのため、交換通貨としてのクローバーコインを私たちはビジネスで売買しています。

 

 

と書いています。このあたりはちょっと理解できないところですが、セミナーのときに覚えていたら質問してみます。

また、上記ウェブサイトにはクローバーコインの利点として

 

このクローバーコインを販売すると報酬が発生します。

 このあたりも難しいところで、クローバーコインの販売で報酬が発生するなら、その報酬元はどこなのでしょう。もしクローバー購入者がクローバー売主に支払った場合、クローバーを購入した人は損しますよね。このへんも質問してみたいと思います。

リップル(XRP)とは

f:id:cloudsalon:20161121211346j:plain

リップルは、外国為替取引かかる手数料を減らす目的で存在するブリッジ通貨のようです。

FXをする方ならご存知かと思いますが、通貨のやりとりには『米ドル』という基軸通貨を使います。なので米ドルと他通貨との交換はストレート、米ドル以外の取引をクロスと言います。

例えば日本円とユーロを交換する場合

日本円→米ドル→ユーロ

この2段階を経るために、それぞれ2回手数料がかかります。

これをリップル(XRP)に置き換えると

日本円→XRP→ユーロ

という形になり、XRPの交換手数料は米ドルよりも安いので銀行間取引が楽になるようです。

リップルについての参考記事:全通貨が対象、2日かかる決済も5秒で :日本経済新聞

投資は自己責任

この記事を読んでXRPやクローバーコインに投資しようなんて思う人はいないと思いますが、それでも念のため。

投資は必ず自分の頭で考えてください。失敗したとき頭を下げる責任者はいるかもしれませんが投資した自己資金は返ってきません。


仮想通貨の教科書――ビットコインなどの仮想通貨が機能する仕組み