聞きかじり垂れながし

みんなでツッコめ粗探し

糖質制限ダイエットにおける2つの理論を組み合わせた最強のおやつ

?

今のダイエットの主流は糖質制限ダイエットだ。あまりにも有名になりすぎて、NHKもデメリットについて警告し、正しい方法を広めようと頑張っている。

 さて、NHKで放送された正しい糖質制限ダイエットの方法は「糖質や炭水化物をある程度減らしつつ、たんぱく質や脂質を腹いっぱい食べなさい。」というものだ。

追跡!糖質制限ダイエットの落とし穴 - NHK ガッテン!

www9.nhk.or.jp

糖質を減らすと、摂取カロリーも大きく減ってしまいます。

そこで、タンパク質、脂質をしっかり食べ、カロリーが減りすぎないよう にしましょう。タンパク質と脂質は、肉・魚・大豆などをバランス良く食べることで、 摂取することができます。 基本的には満腹感を感じるまで、タンパク質、脂質を食べてOKです。 (タンパク質・脂質は満腹中枢を刺激する物質を分泌するので、 食べすぎになりにくいことが分かってきています)

  

そして、民法で放送されたことがある、もうひとつの糖質制限ダイエット理論

炭水化物は冷やして食べると吸収されにくい。

という説がある。これは炭水化物を冷やすとレジスタントスターチという吸収されにくい成分になり、便として排出されるという説だ。

 

【アマゾン】1日1回冷やごはんダイエット

「BOOK」データベースより
ごはんを冷やすだけでよいので、とっても簡単。普段食べているごはんを利用したダイエットなので、飽きがきません。ごはんを冷やすだけでよいので、手間知らずで、ずっと続けられます。だから、ずっとリバウンド知らず。おにぎりお寿司で食べながら1ヵ月5kg減。リバウンド知らずのすごいダイエット力。

 

上記2つの理論をまとめると

  • 脂質は腹いっぱい食べて良い
  • 炭水化物は冷やすと体内に吸収されない

ということになる。

この2つの理論から導き出した最高のおやつ

それはアイスだ!

 

というわけで買ってきましたよ。 

f:id:cloudsalon:20160709002437j:plain

冷やすことで炭水化物であるモナカ部分は吸収されず、バニラアイスの脂質によって、体のエネルギー不足からくる体調不良を予防することができる。

それでも体内のエネルギーが不足するかもしれないという心配があるので、オランジーナも一緒に摂ることにする。

段ボール一箱分無料の試供品をいただいたので、ありがたく毎日いただいている。僕はこういう柑橘系のジュースが好きだ。バニラアイスを食べたときの「口の中がちょっとくどいかな?」という感覚をさわやかな酸味でスッキリさせてくれる。

素晴らしい組み合わせだ。

 

ここ最近はこんな感じで、オランジーナとアイスの組み合わせを楽しんでいる。

 

※この文章は単なる屁理屈です。効果効能は期待できません。暑いからアイス買ってきただけです。