読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞きかじり、たれながし

みんなでツッコめ粗探し

乾布摩擦は限度をこえると体のためにならない

奇抜な治療や理論 東洋医学用語 民間療法・健康法 風邪

?

風邪が流行ってきました。

 
一般的な対策として「手洗いうがい、ミカンやカボチャの栄養を取る、体を冷やさない」というものがありますが、東洋医学では「肺と皮膚を鍛えることが良い」と考えられています。

 

f:id:cloudsalon:20160108174105j:plain

Negicco(ねぎっこ)というアイドルグループのコンサートに行くと風邪が治るという情報もあります。

 

肺は皮毛(ひもう)を司る

風邪やインフルエンザのような感染症など、外からやってくる病気は皮膚から入るとされています。それを防ぐために皮膚は衛気というバリアを張っているのですが、これを突破されると病気になる。というように考えられています。
 
そこで、乾布摩擦によって皮膚を鍛えよう!という話になり、さらに寒風摩擦という誤解も混ざって、寒さに耐えながら布でこする。というイメージがつきました。
 

体をゴシゴシこするのは良くない

乾布摩擦する人のなかには、タオルではなく垢こすりを使ったりタワシでこする人もいます。あれでこすると気持ちいいとは言うものの、さすがにそれはやりすぎで、肌を傷つけ雑菌が入ったり炎症しかねません。皮膚を守っている脂もはがれてしまい、かゆみの原因にもなります。
 
冬は肌を過保護にするくらいでちょうどいい