読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞きかじり、たれながし

みんなでツッコめ粗探し

アクティブリスニングについて谷本有香先生の講義を受けました

コミュニケーション 札幌つちだ鍼灸治療院

?

 

谷本有香先生の講義をかいつまみ

聞く技術「アクティブリスニング」 -「傾聴」と「問答」で成果を出す- 谷本 有香 先生 - 無料動画学習|schoo(スクー)

  1. 準備、本番、フォローの方法
  2. 相手の好意を引き出す環境設定
  3. 単なる良い人で終わらない、相手から一目置かれる存在になる
  4. 筋肉質の質問をする
  5. 苦手な相手や気おくれする相手と話しをする場合は「誰かになりきる」
  6. 終わりの演出にも気を抜かない

 

治療の核は「お客様から情報を得ること」だから

f:id:cloudsalon:20151204013839j:plain

『はり・灸』の治療をするとき、私は「お客様からいろいろ聞き出す」ことを治療と同じくらい重視しています。

職人気質や神技の持ち主のように「何も言わずとも完治させられる」という技術が無い以上、情報は生命線なのです。

病院で治せない腰痛が私の鍼灸治療で治る奇跡を解説する

私は、鍼灸治療をしながらお客様と「病院での診断は何と言われましたか?」とか「リハビリや治療はどんなことされましたか?」なんて会話をします。

そう!私がここで聞いているのは
「病院で診断された検査結果」
「病院でやったけどダメだった治療法」

その情報をもとに、私は東洋医学やストレッチ、トリガーポイントなどの知識から別の手法で治療するのです。

 

谷本有香先生マジ神様!

 

アクティブリスニングの第一人者である谷本有香先生の講義は、 1講義1時間で、今回が2講目でした。合計2時間もの講義内容だったのに、実に密度の濃い素晴らしい内容でした。さすが世界で活躍する超多忙な人たちにインタビューしてきた先生です。あっというまに1時間が終わってしまいます。

 

こうしてハイレベルな講義を受講すると「私はまだまだ情報の引き出し方がたりないな」と反省しきりです。同時に「もっともっといろいろ聞き出せる、最新治療機器を手に入れた」という気分にもなって、ワクワクしました☆彡

 

schooの録画を見られない方のために、本も出てるよ

 

【関連リンク】

札幌つちだ鍼灸治療院 

接客業に超絶役立つ心理学マンガ『サイコろまんちか』

コミュニケーションについて勉強しました(身についたとは言ってない)

ストレスで胃潰瘍になる前に「しくじり先生」を追体験しよう 

鈴木拓の「クズころがし」と厚黒学で学ぶ世渡り術 - 民間療法の『あることないこと』