読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞きかじり、たれながし

みんなでツッコめ粗探し

狂った民間療法で大切な人を失わないために注意すべきこと

奇抜な治療や理論

?

1型糖尿病という難病治療と偽って詐欺と殺人を犯した事件がありました。

糖尿病7歳児に治療受けさせず死なす 殺人容疑で男逮捕:朝日新聞デジタル

 糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7)に適切な治療を受けさせずに死亡させたとして、会社役員近藤弘治容疑者(60)を殺人容疑で逮捕した。近藤容疑者は、今井君の両親から1型糖尿病でインスリンの投薬治療が必要だと聞いていたが、4月上旬ごろから投薬治療を中断させ、医師による適切な治療を受けさせないまま放置して死亡させた疑いがある。
近藤容疑者は自身に特別な力があると今井君の両親に信じ込ませ、「私の言うことを聞けば大丈夫。他の人にはない力を持っている」などと話し、今井君に足や腹を触るなどの行為を繰り返した。報酬として両親から200万円以上を受け取っていたという。

この事件の他にも、同じく1型糖尿病治療と偽って殺した「次世紀ファーム研究所」があります。 また、赤ちゃんの首をひねり殺してしまうズンズン運動など、金の亡者による、難病治療を偽った殺人事件が絶えません。

 

こんな治療家は危険

  1. 奇跡を前面に押し出す治療家
  2. やたら激痛を与えてくる治療家
  3. 「悪霊、前世の行い、黒いオーラ、神の悲しみ」といった霊的な話で脅す
  4. 高価な健康食品や布団、ブレスレッドを売りつける
  5. 治療で体調が悪くなったとき「悪いものが一気に吹き出てきた」「好転反応」などといった言葉でごまかし治療を正当化する
  6. 「医者では治せない」を強調する

 

 

「大切な人のために」という想いは付け込まれる

f:id:cloudsalon:20151127012835j:plain

しくじり先生という番組の中で、辺見マリさんが5億取られた話しをしたとき、そのきっかけは「娘の目が見えなくなる」という話しでした。 大切な我が子だからこそ騙されてしまい、しかも守ってあげたい一心で娘のギャラにまで手を出してしまったことを反省していました。

 

大切な人のことを想うからこそ洗脳されてしまい、少し考えれば気づけるようなことでも、疑わずに詐欺師の言うがままになってしまいます。

 

 

奇跡や都合のよい話しに乗るときは1週間保留しよう。そして急がされたときや人数に限りがある場合は飛びついてはいけない

 

 【関連リンク】

民間療法で人をだますときに使う言葉「好転反応」

最後の救いの手は悪魔の手 

健康食品で健康を害する前に