読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞きかじり、たれながし

みんなでツッコめ粗探し

鈴木拓の「クズころがし」と厚黒学で学ぶ世渡り術

人生訓・世渡り

?

営業職や接客業で、一生懸命まじめに仕事しているのに何故かうまくいかない。という人は絶対読むべき良書です。

 

f:id:cloudsalon:20151107004541j:plain

鈴木拓の「クズころがし」は実践的な哲学書だ

ドランクドラゴンというお笑いコンビで、人をひきつける魅力を持った塚地さんと、ネクラで「おもしろくも無いのに笑えるか!」と世の中をひねくれた捉え方をしてきた鈴木拓さん。当然のことながら塚地さんにはドンドン仕事が舞い込んできて、はねとびレギュラーだけでなくドラマやバラエティにひっぱりだこ。一方の鈴木拓さんはほとんど仕事が無い状態。そこから『塚地の魅力は何だろう』と観察し、気づいたことを実行して性格や人生を変えてゆき、NHKの朝ドラの仕事まで舞い込んでくるというサクセスストーリー。
人の心に一歩踏み込むためのエッセンスが凝縮された本で、しかも著者が実際に結果を出していることから人間関係に悩んでいる人に必ず役立つ一冊であるといえます。

【楽天】 【アマゾン】

 

厚黒学(こうこくがく):つらの皮を厚く腹を黒くする学問

初対面で話すとき、つい気遅れしてしまったり、知り合いになりたいけど、どう声をかけたら良いかわからない。そんなときに『面の皮を厚くする』という方法の事例がいくつか書いてあります。些細なことから共通点をさぐり、それをことさら大きく「奇跡だね!」と盛り上げる。そういう技術で人脈づくりをしてゆく。もちろん人脈以外にも「面の皮を厚くする技術と効能」について述べられています。
何かピンチになったとき、もしくは良い話しがきたときには『腹を黒くする』という方法でピンチを切り抜けたり、利益を最大にする方法が書かれています。 例えばもめ事があって、お互い意地の張り合いになった場合のおさめ方では、『相手が妥協できるささいなこと』を攻め立てて、本質部分はごまかして流す。とか、問題がおきたとき簡単なところだけ手掛けて、難しい部分は誰かにやってもらう。
手柄が欲しいときには、問題をある程度放置して、おおごとになってから手をくだす。という技術。これは問題を未然に防いでしまったり小さいうちに処理してしまうとヒーローになれないので、そのためにある程度オオゴトにする。という手法を使います。

「ゆとり」とか「草食系」なんて言われる現代人に、ぜひおすすめしたい理論が詰まった一冊です。

 

【楽天】 【アマゾン】

厚黒学で理論を学びクズころがしで実例を学ぼう