武の道に国も性別も関係なし。心身の修練あるのみ

力なき正義は無力なり。正義なき力は暴力なり 他者を攻撃することで己の力量を知り、攻撃を受けることは人の痛みを知る。受け流すことが和合の機微となり、痛みに耐えつつも前に出て反撃することで心の強さを鍛える。 武道に国籍や言葉の壁などは無く、ただ他者を尊敬し己の弱さに克つ強さを身に着ける修練こそが共通言語…